胡蝶蘭について

開店祝い開店祝いなどで定番中の定番とも言える胡蝶蘭。そんな胡蝶蘭ですが、なぜ開店祝いなどにこの胡蝶蘭が良いと言われるのでしょうか?あまり深く考えたことがない人はなんとなく送っているのかもしれませんが、今回をきっかけになぜ胡蝶蘭が良いのか?ということを覚えておきましょう。

まず何と言っても胡蝶蘭は縁起が良い花とされています。学名はPhalaenopsisで、蝶が舞っているように見えることから胡蝶蘭と名がついたそうです。また花言葉は「幸福が飛んでくる」や「あなたを愛します」などがあり、開店・開業祝いなどでそのお店がこれから繁盛し、多くのお客さんに愛され発展していくことを願うという意味で胡蝶蘭がピッタリなのです。

更に、鉢植えは根付くという意味を持つため、幸福が根付くという縁起の良いお花ともされています。次に挙げる理由として、お花でありながら香りや花粉がなく、そして長持ちするという点が挙げられます。飲食店などでは食べ物を扱う為、極力香りなどは避けたいので香りがない胡蝶蘭はぴったりです。また、花は店内を華やかにするのにぴったりのインテリアにもなりますので、どうせ店内に飾るのであれば花持ちが良く長くお店の象徴として飾ることができる胡蝶蘭は開店祝いにぴったりというわけです。

このように胡蝶蘭は開店祝いにうってつけのお花になりますので、送る機会がありましたらぜひこの胡蝶蘭を送るようにして下さい。

 

開店祝いに送るものについて

開店祝いなどのお祝いで定番中の定番は胡蝶蘭ですが、胡蝶蘭以外を贈るとした場合どのような物が良いのでしょうか。今回はそんな開店祝いの時に贈る物についてみなさんにご紹介させていただきます。

贈るまず多いのが現金や商品券などです。出費の多い開業・開店時など少しでも役立ててもらいたいという思いやお祝いの品が重複しないものを贈りたいという気持ちから、お祝い金として、現金や商品券、ギフト券を贈るケースがよくあります。金額の一般的な相場ですが、そこまで間柄が親しくない場合には5000円~10000円、親しい場合には最低でも10000円以上の金額として下さい。よく現金などを贈る場合に勘違いされやすいのは、開店などする人が目上の人であった場合に失礼にあたるのではないかという部分ですが、こちらはマナー的には決して失礼なことではありませんのでご安心下さい

そして、この他にはカタログなどがあります。カタログの良いところは、相手の方が何が欲しいのか分からない場合に直接選ぶことができる点です。また、各業者が特に良い品をセレクトしているため、自分で選ぶよりも失敗が確実に少ないので何を贈ってよいか分からない方はカタログを贈るのも一つの良い案でしょう。

胡蝶蘭などの開店・開業祝いを送るタイミング

友人などがお店を開店させたり、取引先がお店を開店させたりなどさまざまなシーンで開店祝いや開業祝いなどに遭遇することが多くあります。しかし、実際にそのような開店祝いなどのマナーや送る時期などについて何も知らない方は意外と多いのではないでしょうか?今回はそんな開店祝いなどでお花などを送る時期について、みなさんにご紹介させていただきます。

お祝いまず前提として、知り合いなどが開店や開業をされる場合、胡蝶蘭やお祝い金などを送る場合は早いほうが喜ばれるため、開業の知らせを受けた日からできる限り早い方が良いでしょう。仕事などでどうしても送る手続きができず、遅くなってしまったとしても、開業日などの1週間前から前日までには必ず手配を済ませることがマナーです。

とは言っても、どうしても開業日などを過ぎてしまったり、開業してから知った場合は、1ヶ月程度であれば、お祝い金を持参したり送ったりしてお祝いの気持ちを表すことはタブーではありません。逆に開業日などが過ぎてしまったからと言って、何もしない方がマナー違反となります。ただし、遅れてお祝いする場合には、何かメッセージをひと言い添えるようにすることで、気持ちが伝わりますのでそのような工夫をしてみると良いでしょう。

それでも開業祝いのタイミングがどうしてもずれてしまった場合は、1周年記念など次の機会に贈るようにした方が良いです。あまりにも遅れてしまうと開店や開業した側も少し迷惑になってしまう場合がありますので、その時のケースバイケースで考えるようにして下さい。