胡蝶蘭などの開店・開業祝いを送るタイミング

友人などがお店を開店させたり、取引先がお店を開店させたりなどさまざまなシーンで開店祝いや開業祝いなどに遭遇することが多くあります。しかし、実際にそのような開店祝いなどのマナーや送る時期などについて何も知らない方は意外と多いのではないでしょうか?今回はそんな開店祝いなどでお花などを送る時期について、みなさんにご紹介させていただきます。

お祝いまず前提として、知り合いなどが開店や開業をされる場合、胡蝶蘭やお祝い金などを送る場合は早いほうが喜ばれるため、開業の知らせを受けた日からできる限り早い方が良いでしょう。仕事などでどうしても送る手続きができず、遅くなってしまったとしても、開業日などの1週間前から前日までには必ず手配を済ませることがマナーです。

とは言っても、どうしても開業日などを過ぎてしまったり、開業してから知った場合は、1ヶ月程度であれば、お祝い金を持参したり送ったりしてお祝いの気持ちを表すことはタブーではありません。逆に開業日などが過ぎてしまったからと言って、何もしない方がマナー違反となります。ただし、遅れてお祝いする場合には、何かメッセージをひと言い添えるようにすることで、気持ちが伝わりますのでそのような工夫をしてみると良いでしょう。

それでも開業祝いのタイミングがどうしてもずれてしまった場合は、1周年記念など次の機会に贈るようにした方が良いです。あまりにも遅れてしまうと開店や開業した側も少し迷惑になってしまう場合がありますので、その時のケースバイケースで考えるようにして下さい。